2011年09月30日

マニキュアコートのご紹介。

こん〇☆わ!AUTOSHOP K'sです!

既に紹介をしていたと思ってうっかりしておりました。
インテリアリペア・ホイールリペアは紹介しておりましたがトータルリペアの看板メニューをもう一つ紹介しそびれていました。
トータルリペアが自信を持って紹介するコーティングメニュー。
マニキュアコート

manicure1.jpg
左 施工後  右 施工前
1年間ノンワックス保証!その上、日頃のメンテナンスが非常に楽チン!

一般的なボディーコーティングは、初期の施工費用・時間も結構かかる上に日々の洗車やメンテナンスには洗車機は使えず専用の手洗いシャンプーを使用しなくてはならないといった物がほとんどです。
高額なガラス系コーティングともなると、専用メンテナンスキットなる物が必要だったり半年程の周期で施工店に持ち込む必要がある物も存在します。

そこで当店のマニキュアコートの特徴をご紹介します。
1、施工時間が非常に短く、出張施工が可能!
2、手洗い洗車が不要、洗車機使用もOK!
3、1年間の輝き保証付き!
4、施工後すぐの雨濡れも平気!

1、施工時間が非常に短く、出張施工が可能!
ガラス系コーティング等を施工するとなると、例え新車状態からの施工であろうと下地処理や乾燥の時間を取る必要があり、その分が金額に帰って来るのが一般的でした。
マニキュアコートの場合ですと古いワックス成分等が残っていても塗装面とコーティング膜が電気的に磁石の原理で密着する為(例えば、鉄板と磁石の間に紙が挟まっていても磁石がくっ付くのと一緒です)必ずしも下地処理が必要ではなく、熱処理などの乾燥時間も必要でない為、その分施工時間を短くできます。
つまり、何が言いたいかと言うと・・・
施工時間が短く済む=低価格での提供が可能!
さらに・・・専用の機材・スペースを要しない=出張施工が可能!(※一部条件あり)

2、手洗い洗車が不要、洗車機使用もOK!
上の方でも記しましたが、ガラス系コーティングの場合ガラスの膜を守る為のまた別のコーティング剤・専用シャンプーが必要であったり預かりでのメンテナンスが必要だったりとユーザーの手間や負担がかかり易いです。
マニキュアコートは日頃の洗車が手洗いである必要が無くなります。つまり、洗車機の使用が可能なのです!さらに軽度の汚れであれば水洗いのみで簡単に落ちます!
これが以外に馬鹿にできない事でして・・・例えば、有人のガソリンスタンド等で5ナンバー車のセダン(カローラ・シビッククラス)を手洗い洗車+簡易撥水施工をしてもらうのにおおよそ3000〜4000円はかかります。
これを毎月1回で行ったとして3000円×12ヶ月=1年間に36000円の維持費。
対してマニキュアコートを1回施工するのにカローラ・シビッククラスでおおよそ20000円前後(車種・ボディの状態・大きさ等により金額は変わります)
以降の洗車は洗車機で可能ですので1回100円〜200円の水洗いモードで可能。仮に毎月2回の洗車を行ったとして(200円×2)×12ヶ月=4800円。
先ほどのマニキュアコートの施工金額を足したとしても1年間におおよそ24800円の維持費。
その差、なんと11200円!
どうでしょう?安くて手軽で済むと思いがちな手洗い洗車+簡易撥水施工でもマニキュアコートと比較しても特別安く済むとは限らないのです!
むしろ、お店やメニューによっては上記の様にマニキュアコートより高くつく可能性も・・・。

3、1年間の輝き保証付き!
理論的に絶対に水垢の付かないコーティング剤などは存在しません。
それが例え強度を誇るガラス系コーティングであろうと、です。(冷静に考えれば、本物のガラスでさえも水垢が付きますからね)
また、耐久性に関しても例えコーティングの密着が確実だったとしても厳密には洗車の度に徐々に膜は削れてきますから3年も5年もノーメンテで維持できるコーティングなどは正直存在しないでしょう・・・(その為に上記の様な定期的な預かりメンテナンスだったり専用メンテナンスキットが存在すると言えます)
マニキュアコートの場合ですと、効果(輝き保障)は1年間と明確に仕切ってしまい、その分1回辺りの作業料金を低価格にする事でお客様のご負担を低く抑えております(お車の使用・保管環境によっては、1年以上の効果維持も可能です)
効果は1年間としておりますが、何もコーティングをしていないボディよりは確実に水垢や汚れの落ち具合は違いますし、すでにツヤの引けてきたボディでもコーティングによってツヤを復活させる事も出来ます。
また、紫外線や有害物質からボディを保護出来ますのでボディの色あせなどを防止する意味や汚れを落ちやすくする為に末永くお車を大事にするのであればコーティングをする意味は十分あると考えます。

4、施工後すぐの雨濡れも平気!
通常、ポリマー系にしろガラス系にしろコーティング施工直後の水濡れは絶対厳禁なのです!
理由はボディへの密着に乾燥時間(長い物では最大2〜3日)を要する為、直ぐに濡れてしまうとコーティング効果が無くなってしまうのです!
マニキュアコートは直ぐに雨に打たれてしまっても効果を損なう事は無く、安心してお車を使用する事が出来ます!
さらに、この効果により必ずしも専用の作業スペースを用意・お車を長期間お預かりする必要がなくなる為出張での施工が可能となるわけです!


もちろん、新車からの施工だけではなくある程度使用されたお車でも施工は可能です。
若干の輝きを失ってしまったお車でも磨き処理(別途費用)を行う事で輝きを取り戻した上でマニキュアコートを施工すれば磨きによって復活した輝きを保護する事ができます!

長々と説明ばかり書いてしまいましたがマニキュアコートの特徴は伝えられたのではないかと思います。
要約すると、ツヤに満足・ボディが紫外線などの環境劣化から保護されれば成分の違いにはこだわらないというユーザー様であれば
「費用が安く、普段のお手入れが楽な物」が良いに決まってますよね!

次回の更新では実際に当店で施工したお車を紹介させて頂きますね!

マニキュアコートAUTOSHOP K'sにお任せ下さい!


posted by AUTOSHOP K's at 14:59| Comment(0) | マニキュアコート/ボディ研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする