2011年11月25日

A.S.H.モーターオイル。2

こん〇☆わ!AUTOSHOP K'sです!

今回は前回のブログに引き続き「A.S.H.モーターオイル」の紹介をさせて頂こうと思います。

まず、100%エステルを実現したA.S.H.で一押しのオイル!
FSEespec.jpg
「FSE」をご紹介します!
FSE-----Full Synthetic Esterの略 100%エステル化学合成油
■FSEの特徴
○電気的な吸着力と超低粘度低下率で機関内をデュアルプロテクション
FSEのエステルは、植物を原料としたベースオイルで、通常の炭化水素系合成油より金属に吸着する電気的なエネルギーをもっています。さらに粘度低下率0.5%という油膜保持力をプラスし、二つの力で機関内部を潤滑保護します。
○独自の油膜の強さで、長期間にわたりエンジンを上質に潤滑します。
デュアルプロテクション効果による強力な油膜と、優れた清浄性を持つDIパッケージ(エンジンオイルの基本性能を決定する添加剤)の組み合わせにより、超ロングライフを実現しています。
○通常より粘度を下げて使用可能。省燃費性が大幅に向上します。
高い油膜強度を実現し、長期間にわたってそれを保てるため、通常より粘度を下げて使用することができます。
高い潤滑性に加えて、さらに粘性抵抗を抑える事で省燃費性の向上にも貢献します。

代表から一言
A.S.H.が誇る最強かつ最良のエンジンオイル。ロングライフ、ロングプロテクションを実現したオイルです。
他の銘柄に比べて値は張りますが、それでもこの価格でこのスペックは他社では実現できないかと思います。
今までのオイルよりも、ワンランク粘度を下げて使うことができます。(ターボ車等で#50を使っていた方でも、FSEなら#40をお選び頂いてOKです)
また、劣化速度が非常に遅いので今までのオイル交換の間隔の2〜3倍使うことができます。
街乗りでしたら、10000〜15000kmまでは優に性能を維持できます。
サーキット走行でも、1回毎の交換などが必要なく同じオイルのまま数回スポーツ走行が可能です。
なので、値は張りますが上手く使えばお財布にも優しいオイルです。
MOTO-SPECもラインナップされています。
A.S.H. FSE 5W-40 10W-40 10W-50 1ℓ\3,990-  15W-50 1ℓ\4,410-



続いて紹介するのがFSEの流れを汲むオイル、「FS」です。
FSmoto.jpg
※画像はMOTO-SPECです。
FS-----Full Syntheticの略 化学合成油の意味だが、単に炭化水素系のオイルではなく、他社でいう「エステル系化学合成油」。100%エステルではないため「E」はつきません。
100% PAO+エステル化学合成油
■FSの特徴
○アッシュ FSオイルは、FSEの流れをくむエステルを使用しています。
一般的な100%化学合成油は、炭化水素系のベースオイルを使用していますが、A.S.H.FSオイルは、エステル系のベースオイルを使用しています。このエステル独自の吸着力により、過酷な状況下においても強固な油膜を確保できます。
○ノンポリマーで油膜特性に優れ、ロングライフを実現しています。
高温にさらされると、スラッジ(汚れ)の原因となってしまうポリマー(増粘剤)を一切使用していないため、
長期にわたり優れた油膜強度が保て、ロングライフに使用できます。

代表から一言
FSEには劣りますがコチラも非常に良く作られたオイルです。「いきなりFSEはちょっと・・・」という方にはコチラをオススメしています。
チューニングされたエンジンや高スペック車両に良い相性を持っています。
余談となりますが、他社製のほとんどの最高級オイルは「エステル配合オイル」となり、PAO+エステルという組み合わせが一般的です。
他のメーカーさんの最高級オイルに該当するのが、この「FS」となります。
良く比較対象にされるオイルとしてはMOTULさんの300V、WAKO'SさんのWRシリーズ、NUTECさんのNCシリーズといった所でしょうか。
こちらもMOTO-SPECがラインナップされています。
A.S.H. FS 5W-40 10W-40 10W-50 15W-50 1ℓ\3,318-


今回はここまで。
続きは次回に紹介します!

A.S.H.モーターオイルAUTOSHOP K'sにお任せ下さい!
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村


ラベル:A.S.H. アッシュ
posted by AUTOSHOP K's at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オイル・ケミカル・etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック