2011年10月29日

エンジンオイルの重要性。

こん〇☆わ!AUTOSHOP K'sです!

今回は新製品のご案内も兼ねて自動車やオートバイに関するお話をしたいと思います。
皆さん、突然ですが「エンジンオイル」はしっかり確認されていますか?
日常点検といって一定の周期でオーナー自ら確認する事となっていますが、ご自身で見られた事が一度も無いという方もおられるのでは無いでしょうか?

最近は給油もセルフスタンドの普及で自分で行うようになった為にガソリンスタンドのスタッフさんに交換を薦められる事も減ったと聞きます。
また、ろくな点検整備を行わないで車検を代行する一部の車検代行業者さん等に頼む方もおられる様で益々オイル等を点検する機会が減ってしまっている様です。

何故、オイル交換は必要なのか?
私はオイルは人間で言うならば「血液」であると考えています。
エンジン内部を駆け巡る血液は油膜を作る事で密封性を高め、錆びを防ぎ、摩擦を減らし、摩擦によって発生した熱を冷却し、圧力を分散させ吸収し、通路上のごみや金属粉を分散・浮遊させる事で堆積させない。
書き出すとコレだけ長〜くなってしまう実に様々に亘る働きをしています。

では、働きを踏まえた上でコチラの画像をご覧下さい。
ワークス ヘッド.jpg
コレはある軽自動車に搭載されているエンジンのヘッドと言われる部分です。
整備の為に分解されて清掃された画像ですが本来はこの様な色をしています。
これが、エンジンオイルの交換を怠ってしまうとどうなるのか?
先に言っておきますが衝撃映像と思われる方もいるかも知れません・・・。
お食事中の方はお時間を空けてご覧になる事をオススメします。
いきますよ?





では





これです!
c-log847-08.jpg

DSCF0057s.jpg

スラッジ.jpg

スラッジ.jpg

ご覧頂けましたか?
これがオイル管理をしっかりされなかったエンジンの内部です。
得体の知れない「何か」がビッシリこびり付いています。
この「何か」の正体。スラッジという物で熱・水分・ゴミなどにより、オイルが酸化劣化した結果生まれるエンジンから出る排泄物です。
画像の複数のエンジンはオイル交換を怠ったが為に、内部に重大な損傷を与えてしまっています。
人間の病状としては血栓症による心筋梗塞と言った所でしょうか。
結果として内部まで分解し組み立て直すか、丸ごと載せ替えるかのどちらかとなります。
まさに大手術ですね。オイル交換をしっかり行ってスラッジが溜まらない様にしていれば、こんな事には・・・。

いかがだったでしょうか?
ここまでお読み頂けた方はオイルの重要性が充分ご理解頂けたかと思います。
「でも、オイルの交換なんてやった事ないし・・・どんなのを入れれば良いか分かんない」
そんな方は当店にご相談下さい!
お使いのお車・オートバイの車種や使用状況、ご予算などに合わせてオススメのオイルをご用意させて頂きます。ご用命頂ければ交換作業も請け賜っております。
「自分で交換できるぜ!」という方へはオイル単体やオイルフィルターの販売もさせて頂いております。
現在、AUTOSHOP K'sでは以下の3社のオイルメーカーの商品を扱っております。
wakos_logo.png
WAKO'S(ワコーズ)
rp-usa.gif
ROYALPURPLE(ロイヤルパープル)

そして今回、新たに取り扱いを開始したのが・・・
ash-logo.gif
A.S.H(アッシュ)

改めて、当ブログにて各社様の製品をご紹介する機会を設けたいと思います!
お急ぎの方は当店ホームページからお気軽にお問い合わせ下さい。
それでは〜。


posted by AUTOSHOP K's at 01:10| Comment(0) | オイル・ケミカル・etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。